複合機はリースするもの?

複合機は会社によってはリースをしている場合があります。
リースにすることで毎月かかってくる金額が経費として扱うことができます。
リース料金は経費扱いできますし、月の料金が決められているので後々かかるであろう費用がかなり把握しやすくなります。
また、所有権もリース会社にあるので購入する場合とは違って面倒な減価償却の手続きそして固定資産税の支払いなどの発生がありません。

よって事務処理がとてもらくになります。
リースにすることで大きなお金が一気に出ていくことがありません。
会社経営に余裕があるところは購入でもよいのですが、資金繰りが少し大変な所ではリースにしておくことで他の資金に回せるものになります。
初期費用がリースの場合にかからないことは大きなメリットになると考えます。
ほとんどがリースで対応していると考えられますが、一度リースしてしまうと契約のもと途中で解約することができません。

リース料金は基本的に固定金利になっているので、一度決めた年数で契約をしてしまうと解約できなくなります。
どうしても解約したいときには、残りの金額を一括で支払う形になってしまうのでかなり大変になってしまいます。
コピー機はリースするものだとは言い切れませんがリースしている以上は所有権がないと言うことです。
本体は職場にあるのですがリース期間が終わってしまえば回収されてしまいます。

また、リース期間が近くなってくるとリース会社から再びリースをするのかどうかと言う話が大抵来ますのでそこで再検討することができます。